東京のシェアハウスの基本について知っておこう

東京にはたくさんの人がいますが、多くは若者が進んでいます。地方から若者が23区内に住みはじめるようになり、日本の高齢化を疑いたくなるような若者だらけの光景も珍しくありません。そんな若者が進んでいる家はワンルームの賃貸マンションなどが多くなりますが、最近はシェアハウスに住んでいる人が増えています。
これは、一人の人が一つの部屋を借りて住むのではなく、複数の人が一つの物件を借りて住む形態です。もちろん、通常の賃貸物件を勝手に共有するわけではありません。最初からシェアされることを目的として貸し出している場合に利用することができます。
シェアは、不景気の時代に広まる傾向があります。例えば車でも、一人の所有物ではなく複数の人が乗れるような形態にしてあるものもあります。住宅も時代に合わせてシェアをするようになってきました。

どのような作りになっているのか

実際にシェアハウスが気になる人は、その中にはどのようになっているかも気になるはずです。基本的には、各人に部屋が与えられています。その部分はワンルームマンションと何ら変わりがありません。
ところが、共有スペースが広く取られており、水回りはたいてい共有スペースにあります。例えばトイレを利用する場合は部屋の中に就いていることもありますが、多くは共同をスペースを利用することになります。キッチンも同じで、学校の家庭科室にあるような大きなキッチンがいくつか置かれています。電子レンジも数台並んでおり、キッチンが空いていれば自由に料理をつくることは可能です。
東京には、ワンルームマンションを改造して共有スペースを作り、多くの人を集めている物件も少なくありません。

賃料やルールはどのようになっているか

東京のシェアハウスの賃料が気になるところですが、基本的にワンルームマンションを借りるのと大して変りはありません。それならば、ワンルームマンションを借りた方が自分の自由なスペースが多くてよいと言う人もいでしょう。
ですが、ワンルームマンションを借りる場合と違い、光熱費などはかなり少なくなります。特に水道料金やガス料金は部屋の中に水道やガスが付いていないことが多く、共有スペースのものを利用するため、あらかじめ家賃に含まれている可能性があります。そのように考えると、ワンルームマンションと同じぐらいの賃料であっても安く感じるのではないでしょうか。
建物内のルールについては、当然守らなければいけません。これは共同生活をする以上当たり前のことになります。気になるルールは物件によって異なりますので、入居する前に確認をしておくことが大事です。