物価の高い東京で賢く暮らす!シェアハウスの魅力

東京は世界的に見ても物価の高い都市として知られています。家賃も高額になりがちです。
ワンルームのマンションでも、6万円を上回る場合が殆どです。もちろん条件次第では安い物件を探すことも可能です。しかし、オフィス街からのアクセスやセキュリティなど、様々な条件を考慮すると、手ごろな賃料の物件を見つけるのは難しいでしょう。
一般的に家賃に費やして良い金額は手取りの3分の1までと言われています。しかし、たとえ正社員であっても、その枠内ではなかなか賄いきれません。特に職歴の浅い若者や非正規雇用であればなおさらでしょう。
家賃を適性な範囲内に収めるためには、都心からやや離れた郊外の物件を借りたり、条件を落として探したりという工夫が必要になります。中でも、シェアハウスに住むというのも一考に値する選択肢です。

お得になるシェアハウスとはどのようなものなのか?

一昔前では、知り合い同士でマンションの一室や一軒家をシェアするという形が主でした。
しかし最近は、物や場所を共有することへの抵抗がなくなってきたせいもあり、シェア専門の物件も数多く登場しています。従来のように一軒家をシェアするという場合もあれば、ビル丸ごと一棟使用する場合もあります。こうした物件を利用すると、一部設備が他の住人との共有になる分、家賃が割安になります。また、光熱費や細々した備品なども料金に含まれることが多く、その点でもお得です。
個室の広さや設備、共有するものの範囲などは、物件によって異なります。設備によってはマンションよりも高額になる場合があるので、お得な物件を探したい場合には注意が必要です。しかし、東京は他の地域に比べて物件数も多いので、割安なものだけでもかなりの選択肢があります。

金額以外にもある、色々なメリット

金額が安いということは、東京で住まいを探す上で非常に魅力的です。しかし、シェアハウスにはそれ以外にもメリットがあります。
まず、「おかえり」「ただいま」を言い合う相手ができるという点です。寂しくないというのはもちろんのこと、いざと言う時には助け合える相手がいるというのは、心強いものです。特に初めて上京する場合には、わからないことを色々と教えてもらうこともできるでしょう。
次に、共有のしっかりした設備を使えるという点があります。一人暮らしのマンションやアパートだと、どうしても水回りなどの設備が貧弱になりがちです。その点共有の設備なら、本格的に料理ができるキッチンや、ゆったりしたお風呂が備え付けられている場合が多くあります。自炊もしやすく、より生活費を抑えることが可能になります。
これらのメリットだけでも、十分選択する理由になるのではないでしょうか。